診療内容

弱視

弱視とは

視覚の感受性期(8歳くらいまで)の期間内に、網膜上に鮮明な像が結ばないことにより、視覚中枢の発達が妨げられて、矯正視力が出にくい状態をいいます。
弱視の原因には、屈折異常(主に遠視や乱視)・斜視・先天白内障などがあります。

治療法

弱視の治療は、屈折性弱視の場合は、屈折異常の矯正です。調節麻痺剤を点眼して、精密な屈折検査を行います。
その結果を元に眼鏡を作製し、常に眼鏡を装用する必要があります。
眼鏡を装用しピントを合わせて、ものがくっきりと見えるようにして、視力を発達させます。

弱視の原因が、斜視の場合は、斜視の治療、白内障の場合は手術となります。
片眼の弱視で眼鏡のみでは視力が十分に発達しない場合には、良い方の目にアイパッチ(健眼遮蔽)をして弱視眼を積極的に使い、視力を発達させます。
弱視の治療は長期間かかることも多く、長期にわたる通院が必要となります。
長期にわたる治療はお子様だけでなく、保護者の方も気持ちがくじけそうになることがあります。

ほんの些細なことでもぜひ、医師にご相談下さい。保護者・医師でお互いに相談しながら治療を進めていきましょう。

アイパッチ

白内障

白内障とは

水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。
水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。
通常は透明な組織ですが、白内障では白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなります。
白内障は様々な原因でおこりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを加齢性白内障といいます。

主な症状

  1. かすんで見える
  2. まぶしくなる 明るいところで見えにくい
  3. 一時的に近くが見やすくなる 眼鏡が合わなくなる

治療法

日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬で白内障の進行を遅らせます。
これらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅らせるもので、症状を改善したり視力を回復させることはできません。
日常生活に不自由を感じるようであれば、手術をすすめます。

緑内障

緑内障とは

何らかの原因で視神経が障害され視野が狭くなる病気です。白内障と並んで中高年の代表的な目の病気です。
中高年の20人に1人が緑内障を持っていることが予測されています。
緑内障の原因は、眼圧の上昇がその病因の一つとされています。

主な症状

一般的には緑内障では、自覚症状がほとんんどなく知らないうちに病気が進行していることが多くあります。
視神経の障害はゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていくため、目の異常を感じることはありません。
急性の緑内障では、急激に眼圧が上昇し、目の痛みや頭痛・激しい吐き気等激しい症状を引き起こします。

治療法

最も重要なことは、早期発見・早期治療です。
一度障害された視神経を元に戻す方法はなく、病気の進行を食い止めることが目標となります。
病気の進行を食い止める為、眼圧を低くコントロールすることが有効とされています。
治療法としては、薬物療法・レーザー治療・手術が一般的です。

視野障害の進行のイメージ像

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病が原因で目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気です。
糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・糖尿病神経症と並んで糖尿病の三大合併症と言われます。

眼の一番奥、眼底には網膜という神経の膜があり、多く毛細血管があります。
糖尿病の患者さんの血液は、糖が多く固まりやすい状態になっているため、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて、眼底出血をしたりします。

そのため、血液の流れが悪くなり網膜に酸素や栄養素が不足し、これが糖尿病網膜症の原因です。
進行した場合には、硝子体出血や網膜剥離が起こり、失明に至る場合もあります。

主な症状

病気の進行とともに変化します。

単純網膜症…まだ自覚症状はみられません。しかし目の中の血管の状態をみると、小さな出血など少しずつ異常が現れています。
増殖前網膜症…ほとんど自覚症状はありません。網膜の血管が詰まるなどの障害が起きて、新生血管などが出てきます。
増殖網膜症…視力低下や飛蚊症などの症状が出てきます。硝子体出血や網膜剥離を起こし失明に至る場合もあります。緑内障などの他の病気を併発する場合もあります。

このように、かなり進行するまで、自覚症状がないため、定期的な眼科検査が非常に大切です。

治療法

糖尿病網膜症は完全に治すことができない病気です。治療は、症状の悪化を防ぐために行われます。

単純網膜症…内科で、血糖をコントロールし、眼科で定期的な検査をすることが重要です。
増殖前網膜症…無血管領域がある場合、新生血管の発生を防ぐために、レーザー光凝固術が行われます。
増殖網膜症…併発した網膜剥離の外科治療が行われます。必要な場合、近隣病院等へのご紹介を致します。

眼精疲労

眼精疲労とは

眼を使う仕事を続けることにより、眼痛・かすみ眼・充血などの眼症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休養をとっても十分に回復しない状態です。

眼精疲労の大きな原因の一つは、近視・遠視・乱視の“適切な矯正”ができていないことです。
その多くは度数の合わない眼鏡やコンタクトを使用していたり、遠視や老眼があるのに矯正をせずに日常生活を送っている場合です。
現代社会はスマホなど何かと近くを見ることが多いので、ピントを合わせるために眼は常に頑張っているのです。

対処法

現状の眼鏡・コンタクトレンズ・裸眼の状態が適切かどうかを確認する為に、遠方・近方それぞれの対して視機能検査を実施します。
視機能検査とは…4つの観点及びその関連性から疲れや不具合を生じていないか確認する検査です。

※普段使用している眼鏡やコンタクトが原因になっていることも考えられますので、眼精疲労が気になる方はぜひご持参下さい。
コンタクトは度数やベースカーブなどのデータも参考になります。

ドライアイ

ドライアイとは

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなり、目の表面に傷が生じる病気です。
高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、ドライアイの患者さんは増えています。

症状

  • 眼が乾く
  • 眼の不快感がある
  • ゴロゴロする
  • 目が痛い
  • 涙が出る
  • 充血
  • 眼が疲れやすいなど

診断

  • 自覚症状
  • 涙液の異常(涙液分泌量の検査、涙液層破壊時間の検査、など)
  • 目の表面のキズなどを調べて診断します。

治療

  • 点眼薬
  • 人工涙液
  • ヒアルロン酸(保湿剤)
  • ムチンを増やして涙液の安定性を上げる点眼
  • 涙点プラグ…涙点(涙の流出口)にシリコン製のプラグ(栓)を差し込むことにより、涙を目の表面にため、ドライアイを治療、軽減します。
  • ドライアイ眼鏡…眼周囲を湿室にして眼表面を保湿する眼鏡やキットを使います。
涙点プラグ

結膜炎

アレルギー性結膜炎(花粉症など)

アレルギーとは、本来自分自身を異物から守るためにおこる抗原抗体反応が過剰に働いてしまい、身体に異常が起こることです。
アレルギー性結膜炎は、痒みを主症状とし、花粉による季節性アレルギー(花粉症)とハウスダストなどによる通年性アレルギーが代表的です。
最近はコンタクトレンズの汚れが原因の場合も増えています。
アレルギー性結膜炎の治療は、点眼治療が一般的ですが、アレルギー疾患全般にいえることは、アレルギーの原因(アレルゲン)を突き止め、そこから遠ざかることが治療・予防の一歩となります。
アレルゲン検査をご希望の方はご相談ください。

測定できるアレルゲン

細菌性結膜炎

細菌感染による結膜炎。目ヤニ、充血などが症状。治療は抗生物質点眼。

ウィルス性結膜炎(はやり目)

  • 流行性角結膜炎(アデノウィルス性)
  • 咽頭結膜熱(アデノウィルス性)
  • 急性出血性結膜炎(エンテロウィルス性)

感染力が強く、感染対策が重要となります。

眼瞼の疾患

麦粒腫

瞼の分泌腺に細菌感染をおこしたもの(ものもらい)

霰粒腫

瞼の脂腺(マイボーム腺)が出づまり、慢性炎症性肉芽をつくったもの
急性霰粒腫は麦粒腫と区別が難しいです。